外国人技能実習制度の内容について

外国人技能実習制度は、発展途上国のベトナムやネパールなどの若者が日本などの先進国で技術や知識を学ぶための制度です。


外国人の技能実習生は日本で高い技術力を学んで身につけることで、自国の発展に貢献することができます。

先進国が誇る技術を自国に持ち帰ると経済の発展などに役立つので、外国人の技能実習生は自国でのキャリアを向上させることができます。

外国人技能実習生情報がさらにわかりやすくなりました。

日本にはそうした実習生を受け入れる企業が多数存在していて、国際貢献として企業のイメージアップにもつながっています。
ベトナムなどのアジア諸国では日本製品には高い信頼があり、現地では日本メーカーの商品の需要が増加しています。

外国人の若者は日本で技術を学びにいくことに誇りを感じており、技能実習生として志願する人も少なくありません。

カンボジアの人材派遣に関するお役立ちコンテンツ満載です。

彼らは海外送り出し機関によって、3ヶ月間研修センターで指導を受けることになっています。


日本に来てからは日本語を理解する能力がとても大切になってきます。仕事をするときに担当者の言葉を理解できないと技術の修得もままなりません。現地にいる間からしっかりとコミュニケーション能力を磨いておくことで、来日してからの仕事をスムーズにできるように配慮された研修になっています。

研修が終了したら、来日して実習生として1年間就業します。

そのあと、仕事の成績などを総合的に判断されて試験に合格すると、さらに2年間技能実習生として企業で就業が約束されます。

技術を身につけた後は母国に帰り、母国の企業で貴重な戦力として働くことになります。

カンボジアの研修生の補足説明を致します。