海外不動産投資の有望性

日本はすでに人口減少社会に突入していて、不動産投資をするのには勇気がいります。ですが、海外に目を向けて見れば、まだまだ人口は増え続けているのが現状です。

世界人口はまだまだ新興国を中心にして伸びていくと予想されているので、海外でなら不動産投資は有望な投資だといえます。
今後人口が増えそうな場所としては、一人っ子政策が緩和された中国、平均年齢が低いインドネシアなどが挙げられます。
他にもインドやバングラデシュ、トルコやブラジルあたりの経済成長が期待できます。

経済成長が続くと土地の価格も右肩上がりに伸びていくので、今のうちにこうした新興国の不動産を購入しておくのは賢い戦略になります。


ただ、実際に物件を持つのはリスクが非常に高いですから、間接的に不動産投資をするのがいいでしょう。

間接的な投資とはつまり、REITを購入することを指しています。

海外不動産に間接投資ができる国内ETFも何本かあるので、それらを市場で購入しておくだけで投資は完了です。



これなら物件を管理する手間も省けますし、リスクを最小限に抑えられます。

マイナビニュースの検索がとっても楽になりました。

海外の複雑な税金のことを気にしなくてもいいので楽です。

国内ETFなら、特定口座で取引ができるので、税金は勝手に引かれます。


わざわざ確定申告をしなくてもいいので、初心者にでもできる不動産投資であるといえます。

最近話題の不動産投資のオススメ最新情報を幅広く集めたサイトです。

REITは株や債権と並ぶ現代を代表する金融商品です。

今後、さらに注目されていくことは間違いないでしょう。